どうせならコストカット|活気溢れるオフィスに大変身|自動販売機の設置で社員満足度UP
レディー

活気溢れるオフィスに大変身|自動販売機の設置で社員満足度UP

どうせならコストカット

自販機

仕事中にコーヒーをドリップして飲むのが日課という方も多いでしょう。日本はコーヒー大国といわれていて、消費量が多いことで知られています。ただの習慣だったのが、いつの間にか仕事中はコーヒーを飲むのが当たり前という流れになったこともあって、普段はコーヒーを飲まなくても仕事中は飲むという方も多く存在しています。オフィスでの月のコーヒー消費量を調べてみると意外と高いという調査もあり、どれだけの方がコーヒーを飲んでいるのかがうかがい知れますが、勿論このコーヒーは企業の経費で購入しています。電球をLEDに替え、クーラーの設定温度も高く設定するのが企業努力とされている昨今では、なるべく経費削減をして無駄をなくしていこうという動きは自然の流れであり、コーヒーに関しても経費削減をしなければいけない状態になっている企業も多いでしょう。こういう時に活用してみるといいのがオフィスコーヒーマシンです。
オフィスコーヒーマシンは、その名の通りオフィスでコーヒーを飲む際に利用するコーヒーサーバーのことです。ただオフィスで利用するために様々な工夫が行われていて、通常のコーヒーマシンに比べて消費する電力が低くされていたり、またコーヒー一杯分の料金が非常に低かったりします。つまりどうせ飲むならオフィスコーヒーマシンを導入して飲んだ方が経費削減に繋がる場合が多く、コーヒーマシン製造メーカーも猛プッシュで薦めています。コーヒーマシンメーカーの努力もあってか導入費用が無料という場合も多くあり、その上保守管理に関してもメーカー側が請け負ってくれる事があります。導入する企業側が支払うのはコーヒーの代金と電力、そして諸費用のみで、コーヒー豆を購入するよりも安い金額で抑えることが期待できます。また、専門のメーカーが作るコーヒーなため美味しい味で飲むことができ、モデルによってはコーヒー以外にクリームを用いてカプチーノなどを作ることが出来る場合もあります。来客用としても用いることができ、総合的に利便性が高い利用ができるというのもメリットといえるでしょう。ただコストカットをすることが出来るだけではないのがコーヒーマシンであり、様々なメーカーから様々なモデルが登場しつつあります。比較してピッタリのマシンを導入してみるのもいいかもしれません。